暴れイヌ。

f0000673_18553968.jpg


影山直美さんの著書「うちのコ柴犬 ~反抗期の犬のキモチ~」
やっと手に入りました。
やっほ!( ̄▽ ̄)

ここの2ワン、ゴン君とテツ君。
ガテン系の柴さんね。
んでテツ君の方が暴れ犬なのですよ。
すぐキレて吠えたり咬んだり……
影山さんのブログで日々の様子は拝見しておりますが、ブログには載せられなかったよーなご苦労が多々おありだったようで。

あっつー間に読んじゃいました。
テツ君、うちのランさんとホントよく似てるのですよ。
テツ君同様、ランさんがお若い時は大変神経質でちょ〜内弁慶ちゃんだったからね〜。
晩年は大変おっとりしたバアチャンだったのだが、4~9歳ぐらいまでは、かなりの暴れ犬だったのでございます。
機嫌良く寄ってきたからナデナデしてあげたらば、急に「ウゥ~」とか言って咬みついてきたり……鼻にシワ寄せて怒り出すの。
とにかく急に変わるのよ〜。
ゆえに45チアキ、女優だのにしょっちゅう流血しとりました。
まっ、縫うほどのキズではなかったんですがね。
アイツも色々不満を訴えてたんだろ~な~。
何が言いたかったのかは、だいだい察しがついてたの。
3歳ぐらいの時だったかな……人間側の理由でヤツの環境がちょっと変わっちゃったんだよね~……
悪いなと思いつつ、でもそれはどーにもしてあげられなくてね。
だからランさんには新しい環境に慣れてもらうしかなかったのよ。
5~7歳の時が暴れっ子ピークだったわね。
良いと言われた事は全部やりましたわ。
「犬のストレスを無くすCD」なんつーのを聴かせたりもしました。
クククっ。( ̄◇ ̄;)
とにかく色んな事やってみましたわよ。
雨の日も風の日も台風の日も大雪の日も猛暑の日も、1日2回の散歩は絶対欠かさなかったし。
こんなに手が掛かったワンコは初めてでした。ハイ。
そんなこんなでしたが、歳と共にだんだん柔らかくなってきてね。
10歳過ぎた頃には、すっかり穏やかなワンコになったのでした。
穏やか過ぎて逆に不安になったぐらいです。ハハハっ。( ̄▽ ̄;)

だからね、テツ君の様子を見てると、ランさんを思い出すんですよ。
手が掛かった分、いっぱい思い出があるのだな。
おバカなワンコほど可愛いのよぉ。

テツ君も色々理由があるのねぇ。
2ワンコ以上だと、ヤキモチだったり順位だったり色々あるからね〜。
でも影山さんがいっぱい愛情注いでるから大丈夫。
どんなワンコでも根気強く愛情を注いであげれば、いつの日か絶対に分かってくれるモノなのだな。

その点人間は難しいねぇ~。( ̄- ̄)

ああ、ランさんが恋しい……

f0000673_18554232.jpg

ギュ〜って抱きしめたいけど……あーたはもういないのね……
うぅぅ……(/_;)


ほなっ。_(._.)_
by cha_ki_zo | 2010-11-02 19:26 | ワン!ニャ~!